マン光帝国皇帝の世界征服日誌

沖縄の漫湖付近にある、世界征服を目指す帝国"マン光帝国"の皇帝のブログなのじゃ!

パチンコ出玉規制強化へ=客のもうけ5万円以下に-ギャンブル依存症対策・警察庁(20170710)

パチンコ出玉規制強化へ=客のもうけ5万円以下に-ギャンブル依存症対策・警察庁

2017/07/10-17:11

警察庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。スロットなどについても同水準に規制を強化する。もうけの上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。11日に風営法施行規則などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法が昨年12月に成立したのを受け、政府のギャンブル依存症対策の一環として実施する。
警察庁によると、パチンコ依存問題の相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」に相談した人の約7割が、1カ月当たり5万円以上の損失を出していた。

改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の3分の2程度に規制を強化し、大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下げる。

パチンコ店の店長など管理者については、依存問題に関する従業員への指導・教育や客への情報提供などを、施行規則で定める業務に追加するなど規則の一部改正も行う。

パチンコ出玉規制強化へ=客のもうけ5万円以下に-ギャンブル依存症対策・警察庁/時事通信

続きを読む

<アイス>ピノがCMをやめた理由(20170707)

<アイス>ピノがCMをやめた理由

2017年7月7日 10時00分(最終更新 7月7日 14時15分)

森永乳業のロングセラー商品でひと口アイスの「ピノ」が2015年からテレビCMをとりやめている。若者世代の“ピノ離れ”が進み、一時的に売り上げが減少したのがきっかけという。同社の冷菓事業部の馬渕景士さんにCMをやめた経緯と理由を聞いた。

 

ピノ離れ

ピノは国内初のひと口サイズのアイスとして1976年発売され、以来、順調にほぼ右肩上がりで販売数を伸ばしてきた。しかし13年ごろから販売数が一時的に伸び悩んだという。13年度の売り上げは11年度比約5%減で、数字としては大きく下がってはいないものの、安定して販売数を伸ばしてきた同社にとっては痛手となった。

そこで同社は、普段ピノをどのくらい食べているのか年代別に調査した。すると、10代後半から20代前半にかけての若者世代のピノの喫食頻度が低いことが分かったという。

 

ロングセラーゆえの新鮮味のなさ

馬渕さんは「おそらくこの年代は、アルバイトをして初めて自分で使えるお金を得るとき。近年はコンビニスイーツなど、アイス以外の新しいデザートが数多く販売されている。またスマホゲームのコンテンツにお金を使うなど、食品以外にも目が向きやすい。ピノ以外に目移りしてしまう世代なのかな」と分析。「問題は、ロングセラー商品のゆえ、ピノに新鮮味がないことだと思いました」と課題を強調する。

そこで馬渕さんは、どうやったら若者世代にピノを思い出してもらえるのかと考え、ある一つのプロモーションを企画した。それが「ピノフォンデュカフェ」だった。

f:id:manshinetarou:20170714095608j:plain

若者に好評のクッキーの上にマシュマロクリーム、ピノなどをのせた「ピノフォンデュ」=東京都渋谷区の「東急プラザ表参道原宿」で2017年7月5日、岡部恵里撮影

f:id:manshinetarou:20170714095609j:plainカフェで体験できる「ピノフォンデュセット」=東京都渋谷区の「東急プラザ表参道原宿で2017年7月5日、岡部恵里撮影

f:id:manshinetarou:20170714095610j:plain

「ピノフォンデュ」はピノをタルトやビスケットの上にのせて楽しむことができる=東京都渋谷区の「東急プラザ表参道原宿」で2017年7月5日、岡部恵里撮影

f:id:manshinetarou:20170714095611j:plainピノにマシュマロクリームなどをトッピングした「ピノフォンデュ」=東京都渋谷区の「東急プラザ表参道原宿」で2017年7月5日、岡部恵里撮影

 

来場者数は12万人を突破

ピノフォンデュカフェとは、ピノに抹茶のチョコレートソースやマシュマロクリームなどを自分で自由につけて楽しむことができる体験型のカフェだ。15年から期間限定で始め、来場者の大半は、ピノ離れしていた若者世代だ。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで話題を集め、15年、16年の累計来場者数は12万人を突破。今年も期間限定で、東京と大阪でオープンする。

馬渕さんは「ピノは、バニラアイスとチョコレートのシンプルな組み合わせ。トッピングなどをつけてもらうことで、新しいピノを見せることができます」とその効果に手応えを感じており、「彼らはテレビCMを見ない世代と聞く。一方で、リアルな人とのコミュニケーションを重視する一面もある。SNSを通じてピノフォンデュカフェを知る、という時代の流れにマッチしたのかな」とも語る。

同社はピノフォンデュカフェを始めてから、ピノのテレビCMを打つのをやめた。「テレビCMより、ピノフォンデュカフェの方が宣伝効果が高い」と考えているからだ。ピノの販売数も持ち直し、16年度は13年度比約20%増に伸びており、過去最高の売り上げを記録した。

馬渕さんは「ピノフォンデュカフェは、若者とピノの接点のようなものと位置付けている。今後も、より多くの人に、ピノの“1粒の幸せ”を感じていただけるように、地道にプロモーションを行っていきたい」と話している。

f:id:manshinetarou:20170714095612j:plainピノフォンデュカフェにある、チョコレートファウンテン=東京都渋谷区の「東急プラザ表参道原宿」で2017年7月5日、岡部恵里撮影

f:id:manshinetarou:20170714095613j:plain「自分なりのオリジナルのピノを作って楽しんでほしい」と話す、森永乳業冷菓事業部の馬渕景士さん=東京都渋谷区の「東急プラザ表参道原宿」で2017年7月5日、岡部恵里撮影

 

7日オープン

今年のピノフォンデュカフェは7日から、商業施設「東急プラザ表参道原宿」(東京都渋谷区)3階に8月30日までの期間限定でオープンする。大阪市北区のブリーゼブリーゼでも、13日から9月10日までの期間限定でオープンする。

今年のテーマは「#ピノジェニック」。ピノをピックで刺して味わうだけでなく、タルトやビスケットの上に乗せて小さなピノのケーキをつくる楽しみ方も提供するなど、写真に撮って記録に残したくなるようなピノ体験ができるという。

馬渕さんは「自分なりのオリジナルのピノを作って、楽しんで、おいしさも味わってもらえたら」と話している。

f:id:manshinetarou:20170714095614j:plain「#ピノジェニック」のイメージ=森永乳業提供

f:id:manshinetarou:20170714095615j:plain「#ピノジェニック」のイメージ=森永乳業提供

f:id:manshinetarou:20170714095616j:plain「#ピノジェニック」のイメージ=森永乳業提供

f:id:manshinetarou:20170714095617j:plain「#ピノジェニック」のイメージ=森永乳業提供

<アイス>ピノがCMをやめた理由/毎日新聞

続きを読む

強盗に襲われた2人が実は…金塊密輸の疑いで逮捕 大阪(20170705)

強盗に襲われた2人が実は…金塊密輸の疑いで逮捕 大阪

2017年7月5日11時36分

海外から金塊を密輸したとして、大阪府警は5日、愛知県東浦町石浜、会社経営吉野剛容疑者(42)ら男2人を関税法違反(無許可輸入)などの疑いで逮捕したと発表した。「一度も海外から金塊を持ち込んだことはない」などと容疑を否認しているという。2人は4月に大阪市内で現金約7千万円を奪われそうになる強盗致傷事件に遭ったが、府警は金塊を換金した現金だったとみて調べている。

捜査1課によると、他に逮捕したのは、東京都港区港南4丁目の会社経営西川高弘容疑者(34)。2人は4月28日、シンガポールから関西空港に入国する際、税関に申告せずに金塊15個(計15キロ)を密輸し、消費税と地方税約550万円を免れた疑いがある。

f:id:manshinetarou:20170715165026j:plain

現金約7千万円が奪われそうになった強盗致傷事件の現場付近を調べる捜査員ら=4月28日午後、大阪市中央区南船場2丁目、多鹿ちなみ撮影

f:id:manshinetarou:20170715165027j:plain

現金約7千万円を奪われそうになった強盗致傷事件の現場交差点。換金した貴金属店(中央)の目の前だった=5日午前、大阪市中央区南船場2丁目、多鹿ちなみ撮影

f:id:manshinetarou:20170715165028j:plain

強盗致傷事件の現場近くのホテルにいた阿部貞容疑者(右)と仙波烈王容疑者(左)=4月28日、大阪府警提供、ホテルの防犯カメラ映像から

2人は同日昼に大阪市中央区南船場2丁目の路上で複数の男に殴られて骨折するなどし、現金を奪われそうになった。府警の調べに「不動産の取引の現金」と話したが、その後「大阪で男から金塊を受け取り、知らない男に換金してもらった」などと説明を変えていたという。

府警は、2人が被害に遭う直前に近くの貴金属店で金塊約7千万円分を換金していたことを確認。さらに、関空に到着した後、他の人物と接触した形跡がないことなどから2人が金塊を密輸した疑いが強まったと判断した。

一方、府警は5日、強盗致傷事件の容疑者として、いずれも住居不定職業不詳の阿部貞(ただし、31)、仙波烈王(れお、22)の両容疑者を公開手配。これまで阿部容疑者の弟の剛容疑者(26)が強盗致傷容疑で逮捕、起訴されている。府警は、阿部容疑者らは換金されたことを知り、現金を奪おうとしたとみて調べている。

強盗に襲われた2人が実は…金塊密輸の疑いで逮捕 大阪/朝日新聞

続きを読む

「やむを得なければ」北朝鮮に軍事力行使の用意も=米国連大使(20170706)

「やむを得なければ」北朝鮮に軍事力行使の用意も=米国連大使

2017年07月06日 14:47 JST

ヘイリー米国連大使は5日、国連安全保障理事会の緊急会合で、北朝鮮による核ミサイル開発計画の阻止に「やむを得なければ」軍事力を行使する用意があると警告した。

ただ、国際社会が外交圧力をかけることの方が望ましいとも述べた。

大使は北朝鮮による弾道ミサイル発射で「外交的解決の余地が急速になくなってきている」と指摘し、米国は自国と同盟国を守る用意があると強調。「われわれの能力の1つが少なからぬ軍事力であり、そうせざるを得なければ、行使する。ただ、そうした方向に進む必要がないことが好ましい」と述べ、北朝鮮の友好国である中国に対して一段の影響力行使を求めた。

北朝鮮は4日、大陸間弾道ミサイルICBM)の発射実験に成功したと発表。一部の専門家は米アラスカ州ハワイ州、恐らくは米太平洋岸北西部を射程に収める可能性もあるとみている。

ヘイリー大使はまた、北朝鮮に対する新たな制裁を米国が今後数日中に国連に提案するとし、ロシアと中国が制裁を支持しなければ「われわれはわれわれの道を行く」とけん制した。

国連決議に違反して北朝鮮と交易関係を持つ国々との取引を止める用意があるとも警告した。

さらに、「国連決議を実施する責任の多くは中国にかかっている。われわれは中国と協力し、平和を信じるすべての国と協力する。しかし、現在のような暗黒の日をもたらした過去の不適切なアプローチは繰り返さない」と述べた。

一方、中国の劉結一国連大使安保理で、ミサイル発射は国連決議の「目に余る違反」で「受け入れられない」と批判した半面、関係国すべてに自制や挑発的行動の回避、無条件の対話、緊張緩和に向けた一致した行動などを呼び掛けた。

「やむを得なければ」北朝鮮に軍事力行使の用意も=米国連大使/ロイター

続きを読む

強制わいせつ容疑、臨時講師3度目逮捕 勤務先の男児に(20170705)

強制わいせつ容疑、臨時講師3度目逮捕 勤務先の男児に

2017年7月5日23時58分

勤務先の小学校の男子児童にわいせつな行為をしたとして、愛知県警は5日、臨時講師大田智広(としひろ)容疑者(29)=同県刈谷市泉田町=を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。同容疑での逮捕は3回目。

安城署によると、大田容疑者は5月下旬、同県知立市立小学校の1階トイレで低学年の児童にわいせつな行為をした疑いがある。

大田容疑者は、同校の女子児童2人に対する強制わいせつ容疑で逮捕され、名古屋地検岡崎支部が同罪で起訴している。

強制わいせつ容疑、臨時講師3度目逮捕 勤務先の男児に/朝日新聞

続きを読む