読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マン光帝国皇帝の世界征服日誌

沖縄の漫湖付近にある、世界征服を目指す帝国"マン光帝国"の皇帝のブログなのじゃ!

Googleロゴマーク、シベリア鉄道の完成100周年を記念したアニメーションに(20161005)

Googleロゴマーク、シベリア鉄道の完成100周年を記念したアニメーションに

[2016/10/05]

Googleロゴマークが5日、シベリア鉄道の完成100周年を記念したアニメーションに変更された。シベリア鉄道は一般的にモスクワからウラジオストクまで約9,000kmを結ぶ鉄道網の総称として用いられ、1916年に現在のルートが完成したといわれている。

Googleロゴマークのアレンジは「Doodle(ドゥードゥル)」と呼ばれ、祝日や記念日などを祝うために「斬新で楽しく、また時には自由な方法で」デザインされる。鉄道に関係したものもたびたび登場しており、昨年10月5日には、日本初の時刻表が発行された日にちなみ、時刻表をイメージしたデザインの「Doodle」が公開されて話題を呼んだ。

「Doodle」は「Doodler」と呼ばれるイラストレーターとエンジニアのチームが作成の責任を担う。シベリア鉄道の完成100周年を記念し、公開された今回のアニメーションも「Doodler」のマット・クルックシャンク氏が担当している。マット氏は昨年4月、実際にシベリア鉄道に乗車したとのこと。旅行中にスケッチしたロシアの都市や地方のイメージをもとにアニメーションを制作した。

この動画に使用された音楽はチャイコフスキー「弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48 第2楽章 ワルツ」。ロシアの歴史と文化、壮大な自然の景色の中を走るシベリア鉄道の列車、車内で過ごす人々の姿などを表現したアニメーションに仕上がった。この「Doodle」は日本のほか、ロシアをはじめとするヨーロッパの国々を中心に公開されている。

Googleロゴマーク、シベリア鉄道の完成100周年を記念したアニメーションに / マイナビニュース

シベリア鉄道と言えば、先日シベリア鉄道の北海道延伸を要望 ロシアが大陸横断鉄道構想 経済協力を日本に求めるというニュースが有ったのう?

そのシベリア鉄道が今年で100周年じゃとは知らなかったのじゃ!

そこで少しWikipediaで調べてみたのじゃが、シベリア鉄道そのものの計画は1850年代に始まり1890年までの間に部分的に鉄道を開業させ1891年以降に建設の難しかった部分の建設に着手し1916年に部分的に開業していた箇所を繋ぎ合わせてシベリア鉄道完成とした様なのじゃ!


100th Anniversary of the Trans-Siberian Railway Google Doodle

シベリア鉄道の魅力と言えば、やはり、日本の鉄道には無い超距離の移動じゃろうのう?

シベリア鉄道の代表的な列車、「ロシア号」に乗って東端のウラジオストク駅から西端のモスクワ駅まで乗った場合、6泊7日もの鉄道の旅になるそうなのじゃ!

その走っている場所も日本より北に位置するため、夏は涼しく、冬は極めて寒いそうなのじゃが、それ故に車窓からは様々な景色が見られ、特に、バイカル湖の景色は絶景じゃそうなのじゃ!

日本では考えられない長距離列車が日本よりもずっと北の大地を走るとは、実に浪漫じゃのう?

日本からは、シベリア鉄道でウラジオストクからモスクワまで乗車するツアーが15万円で出来るそうなのじゃ!

この素晴らしい鉄道の完成から100年は鉄道史上記念すべき出来事なのじゃ!

これからも、シベリア鉄道が長く存続し続ける事を願うのじゃ!

 

マン光帝国皇帝 マン光太郎