マン光帝国皇帝の世界征服日誌

沖縄の漫湖付近にある、世界征服を目指す帝国"マン光帝国"の皇帝のブログなのじゃ!

【皇帝日誌】「ブログの基本はおすそ分けだと思う」という話なのじゃ!

ブログの基本はおすそ分けだと思う

詳しい話は上記の記事を読んで頂きたいのじゃが、上記の記事の中に非常に良い言葉が有ったので引用させて頂くのじゃ!

これはあくまで私個人の考え方ですけど、本来ブログって『ちょっとした知識・経験のおすそ分け』みたいなものであるべきじゃないのかなーって思うんですよね。

ブログ論と言える話かも知れないが、わしもそう思うのじゃ!

上記の記事内で概ね言いたい事は言われてしまっている感が有るのじゃが、書き手それぞれの「ちょっとした知識・経験のおすそ分け」分け合いの連鎖でブログという媒体は成り立っているのではないかと、わしは思うのじゃ!

最近は、まとめブログ(アフィブログ等という物が流行っているが、まとめブログ(アフィブログ)が一般的には嫌われる理由は、ブログという媒体は分け合いの連鎖で成り立っているという所に有るのでは無いかのう?

まとめブログ(アフィブログ)の中には、アフィを主体とした物記事を主体にし、アフィはおまけ程度という物の二種類が有る様に思うのじゃが、その中でも、アフィを主体にした物は特に嫌われていると言った印象なのじゃ!

ブログという媒体が分け合いの連鎖で成り立っている物じゃとしたら、アフィを主体としたまとめブログ(アフィブログ)という存在は、分け合いの連鎖で成り立っていた世界に現れて、皆が分け合っていた「知識・経験」を横から奪い取り、奪い取った物を売り物にしている商人といった所じゃろうかのう?

まとめブログ(アフィブログ等の管理人からは、様々なブログに書かれている記事等は一見タダで得られる様に見えたのじゃろうが、それはタダではなく「相互に知識・経験の譲り合い」をしていたからこそ外側から見たらタダに見えただけで、譲り合いをしている者同士の間には、互いに譲り合う物が等価であるという形で価値が成立していたのではないかと思うのじゃ!

じゃからこそ、まとめブログ(アフィブログ)という存在は価値の成立していた物を横から奪い取り、売り物にしていると見られ、一般的には嫌われる存在なのではないかとわしは思うのじゃ!

 

今一度、ブログを運営している者は皆

  1. ブログとは、書き手の「ちょっとした知識・経験のおすそ分け」である事
  2. 互いに分け合う物の内容が概ね等価である程良い関係を構築出来る事
  3. 分け合いの連鎖がブログという媒体を大きくする事

について良く考えてみた方が良いのではないかのう?

 

マン光帝国皇帝 マン光太郎