読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マン光帝国皇帝の世界征服日誌

沖縄の漫湖付近にある、世界征服を目指す帝国"マン光帝国"の皇帝のブログなのじゃ!

【皇帝日誌】「Trick or Treatの本当の意味」

マン光帝国皇帝の日記・雑記 時事ネタ

あの有名なTrick or Treatの日本語訳は意訳だった!?本来の意味とは…/トリックオアトリートで学ぶ英語のニュアンス

Trick or Treat”(トリック オア トリート)に省略されている言葉とは


 それでは、どうズレているのかを説明していきましょう。その前に今井くん、“Trick or Treat” って省略されている言葉があるんですが、わかりますか?


 うーん…、わからないです。


 このフレーズは元々 ”Treat me or I’ll trick you.” なんです。「私をTreatしなさい。さもなくば、あなたをTrickするぞ」ってことですね。


 あれっ?trick と treat の順番が変わってしまうのは、何か不思議な感じがしますね。


 順番を変えた “Trick or Treat” のほうがネイティブにとって言いやすいんでしょうね。

 
 なるほど。確かに ”Trick or Treat” は言いやすいですけど、”Treat or Trick” は何か言いにくいですね。慣れの問題かもしれませんが(笑)


treat のコアイメージとは


 それでは、イメリン流に解説していきましょう。まずは treat ですね。treat のコアイメージは「人・モノが良くなるように扱う」です

f:id:manshinetarou:20161031125847p:plain

つまり、基本的には「喜ばせたり、いい感じにしたりするための行為」を表しているわけです。


 「おもてなし」のような意味合いでしょうか?


 そういった使われ方もするね。他には「施しをする」ようにも使われて、それが子ども相手だったら「お菓子をあげる」ことになるわけです。


 幅広い意味で使われる単語なんですね。


trick のコアイメージとは


 次は trick ですね。trick のコアイメージは「ある目的をもってだます、惑わせる」です

f:id:manshinetarou:20161031125848p:plain

つまり、何かを得たいとか、誰かに何かをさせたいといった目的をもっているわけです。


 テレビの刑事モノでよく出てくる「犯人の使ったトリック(trick)」は、犯行をばれないようにする目的のもとで行われた「だまし」ってことですね。


 そういうことだね。


Trick or Treat” は元々、誰のセリフなの?

 

 そう考えると、treat の「お菓子」はまだ理解できますが、trick に「いたずら」という訳を当てるのは少しズレているように感じますね。

 

 子どものセリフとすれば妥当な訳なんでしょうけどね。子どもが「惑わす」といっても、せいぜい「いたずら」程度のことしかできないですから。
でも、trick のコアイメージからはやっぱりズレていますね。このようにズレている理由は Trick or Treat” が元々は子どもたちのセリフじゃないからなんですよ。


 あー、何かハロウィンは信仰チックな背景がありそうですね。


ハロウィンで仮装して練り歩く理由とは


 元々、ハロウィンは日本でいう「お盆」のようなもので、この時期はこの世とあの世を隔てている「門」が開いて、霊が行き来できるようになると信じられていたんです。
そのときに、死んでしまった親族の霊とは別に悪霊なんかも現世にやってきちゃうと。でも、そういった悪霊さんたちには穏便に立ち去ってもらいたいわけですよね。


 そりゃそうですよ。誰も喜んで「悪霊さん、いらっしゃ~い」なんて言わないと思います。


 そこで、悪霊たちを追い払う一連の儀式として、悪霊に扮した子どもたちに家々を訪問してもらい、玄関で “Trick or Treat” と言ってもらう。そして、家人が悪霊たちにおもてなしをすることで、立ち去ってもらっていたわけなんです。

 

f:id:manshinetarou:20161031125849j:plain

悪霊に仮装する子どもたち


 “Trick or Treat” は悪霊たちのセリフなんですね。


 そうなんです。だから、悪霊たちが言う “Trick or Treat” は、「ここで我々をもてなさなければ、次の一年間、お前たちを惑わせて困った状態にしてしまうぞ」といったニュアンスを表しているわけです。

この様に、ハロウィンとは悪霊を追い払うための儀式であり、「Trick or Treat」とは、悪霊を追い払うための神聖な儀式に於いて使われていた儀式の祝詞が簡略化された物じゃそうなのじゃ!

日本では、その起源を知らずに、ハロウィン=仮装する日というだけの意味合いに受け取っている者が少なからず存在する様じゃがのう?

日本でこの儀式に近い物と言えば、なまはげ等が近いのではないかのう?

じゃからこそ、Trick or Treat」とは実に神聖な言葉じゃと言えるのじゃ!

最近は、この神聖なTrick or Treat」という言葉を改変して、「お菓子をくれなきゃいたずらされたって言うぞ」という下賤な事を言う罰当たりな輩がいるそうじゃがのう?

そんな罰当たりな輩には「I'll RAPE you!」(そこまで言うならレ〇プするぞ)と返しても良いのではないかと、わしは思うのじゃ!

 

マン光帝国皇帝 マン光太郎