読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マン光帝国皇帝の世界征服日誌

沖縄の漫湖付近にある、世界征服を目指す帝国"マン光帝国"の皇帝のブログなのじゃ!

作家の三浦朱門さんが死去 91歳 元文化庁長官 妻は曽野綾子さん 夫婦で正論大賞受賞(20170205)

ニュース

作家の三浦朱門さんが死去 91歳 元文化庁長官 妻は曽野綾子さん 夫婦で正論大賞受賞
2017.2.5 00:49
文化庁長官で作家の三浦朱門(みうら・しゅもん)さんが3日午前6時50分、肺炎のため、亡くなった。91歳。葬儀・告別式は近親者で営んだ。喪主は妻で作家、曽野綾子(その・あやこ=本名・三浦知寿子=みうら・ちずこ)さん。
大正15年、東京生まれ。「朱門」の名前はイタリア文学者だった父・三浦逸雄氏が十二使徒の一人、シモン・ペテロから付けたという。旧制高知高校を経て、東大文学部卒。
昭和26年に「画鬼」(のちに「冥府山水図」)を発表し、「第三の新人」の一人として活躍。28年に同人仲間だった曽野綾子さんと結婚した。42年、「箱庭」で新潮社文学賞を、58年には「武蔵野インディアン」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。日大芸術学部では教授を務めた。エッセーも多く、著書は100冊を超える。「第四次元の小説」など、翻訳も手がけた。60~61年に文化庁長官を、63~平成6年に日本文芸家協会理事長を務めた。11年、正論大賞。同年、文化功労者にも選ばれている。16年から26年まで、日本芸術院院長も務めた。
産経新聞では昭和50~51年の夕刊に「雑草の花」、59~60年の朝刊に「風のまにまに」を連載。昭和天皇崩御に際して平成元年、「天皇の昭和」を220回にわたって朝刊に連載し、実証主義的な精神を欠いて国民が自己を見失った先の大戦の問題点を冷静に洗い出した。
また本紙「正論」欄などで、左右に偏らない常識的で毅然とした言論活動を展開した。
作家の三浦朱門さんが死去 91歳 元文化庁長官 妻は曽野綾子さん 夫婦で正論大賞受賞 / 産経新聞

f:id:manshinetarou:20160926231336j:plainコレハ、ヨク解ラナイノデスガ有名な小説家ダッタノデショウカ?

f:id:manshinetarou:20161016135112p:plain実はのう?わしも知らないのじゃ!

f:id:manshinetarou:20160926231336j:plainナント。

f:id:manshinetarou:20161016135112p:plain故に記事に書いて有る事以上の事が読み取れないのじゃよ?ただ、元文化庁長官じゃった経歴も有るというぐらいじゃから多分凄い人だったのじゃろうのう?

f:id:manshinetarou:20160926231336j:plainナルホド。

f:id:manshinetarou:20161016135112p:plainところでのう?同じニュースについてじゃが、毎日新聞じゃと記事が上がったのが産経新聞よりも2~3時間近く早かったというのが面白い所なのじゃ!記事内容は、産経新聞の方が詳細に書いている印象じゃがのう?

参考までに、そちらの記事も引用しておくのじゃ!

訃報 三浦朱門さん91歳=作家、元文化庁長官
2017年2月4日 21時00分(最終更新 2月4日 22時34分)
第三の新人」の一人として社会や家庭を鋭く観察する小説を書き、文化庁長官を務めるなど文教行政に尽力した作家、三浦朱門(みうら・しゅもん)さんが3日、死去した。91歳。妻は作家の曽野綾子さん。

東京都生まれ。朱門は本名。東京大文学部卒業と同時に日本大芸術学部で教職に。旧制高知高校の友人、阪田寛夫らと1950年に第15次「新思潮」同人となり、51年に「冥府(めいふ)山水図」でデビュー。芥川龍之介を思わせる知的な作風で頭角を現し、安岡章太郎吉行淳之介遠藤周作らとともに「第三の新人」と呼ばれた。

戦後の家庭のもろさを冷笑的にとらえた「箱庭」で67年新潮社文学賞、東京・武蔵野の風土に根差す人々を描いて文明批評の面も評価された「武蔵野インディアン」で83年芸術選奨文部大臣賞。大学紛争の中、69年に日大教授を退職した。「結婚なんかおやめなさい」「老人よ、花と散れ」「日本人をダメにした教育」など家庭や教育問題の著作も多数。

温厚でバランス感覚にも優れ、多くの公職に就いた。85~86年は文化庁長官を務め、国体の文化版として国民文化祭を発案。88~94年日本文芸家協会理事長。96年に教育課程審議会会長に就任し「ゆとり教育」の道筋をつけた。87年日本芸術院会員、99年文化功労者。2004~14年は日本芸術院院長。

いずれもカトリック信徒の曽野さんとは“おしどり作家”として知られた。

作家の面倒を見てくれた
作家の黒井千次さんの話 文芸家協会の理事長を引き受ける際に「誰かがやらないといけない当番のようなもの」だと言って快く、作家の面倒を見てくれたのが印象的だった。最近、イベントや映画などで「第三の新人」が扱われることが増え、主だった作家はこれでほとんど亡くなってしまったが、その位置づけは今後しっかり見据えておく必要があろう。
訃報 三浦朱門さん91歳=作家、元文化庁長官 / 毎日新聞

 

マン光帝国皇帝 マン光太郎 / マン光帝国総務大臣 シック・スナイン