マン光帝国皇帝の世界征服日誌

沖縄の漫湖付近にある、世界征服を目指す帝国"マン光帝国"の皇帝のブログなのじゃ!

マン光帝国国務大臣紹介【イグロ・オニロ文部科学大臣】なのじゃ!

今日は、マン光帝国の国務大臣を紹介するのじゃ!

今日紹介するのは、イグロ・オニロ文部科学大臣なのじゃ!

f:id:manshinetarou:20170719142226p:plain

彼はギリシャ生まれの学者で、学問を究めるために世界一周の旅をしていた所じゃったそうなのじゃ!

世界一周の旅の途中でマン光帝国に立ち寄った際にシック・スナイン総務大臣と出会い、シック・スナイン総務大臣にスカウトされてマン光帝国の文部科学大臣になったのじゃ!

とても博識な人物で世界のありとあらゆる物事に精通しているのじゃが、やや頭が固い所が玉に瑕なのじゃ!

得意技は頭突きで、議論が平行線になると頭突きで相手を黙らせるのじゃ!

文部科学大臣とは、マン光帝国国内の学問水準を上げるための制度を考案する大臣なのじゃ!

 

それでは、イグロ・オニロ文部科学大臣より挨拶して頂くのじゃ!

「私はイグロ・オニロ、マン光帝国の文部科学大臣をしている。

 ギリシャ最高峰の学術研究機関ムセイオンの出身だ。

 私と知識・論を交わしたい者がいるならいつでも文部科学省

 ドアを叩いてくれ。

 私の頭突きを受けたいという変わった方も大歓迎だ。」