マン光帝国皇帝の世界征服日誌

沖縄の漫湖付近にある、世界征服を目指す帝国"マン光帝国"の皇帝のブログなのじゃ!

Youtubeから再生数に応じ著作権料 楽曲管理会社(20170904)

Youtubeから再生数に応じ著作権料 楽曲管理会社

2017年9月4日23時37分

EXILE、スピッツ浜崎あゆみらの楽曲を管理する国内2位の音楽著作権管理会社NexTone(ネクストーン、東京都渋谷区)は4日、動画サイト・YouTubeから著作権料を徴収する際に、楽曲ごとの再生回数など利用実態を反映させる変動制とする新たな契約を結んだと発表した。

f:id:manshinetarou:20170916124653j:plain

楽曲著作権料徴収の仕組み

N社は、自社が管理する楽曲(約10万曲)について、一般ユーザーらが投稿動画で使うことをYouTubeに包括的に許諾する一方、YouTubeから著作権料を徴収し、アーティスト側に分配してきた。これまでは、N社が受け取る年間の著作権料は定額とする契約で、楽曲がどれだけ使われてもその額を超えては支払われなかった。新契約では、管理楽曲が利用された分だけの著作権料を受け取ることができる。

アーティスト側は、自身の楽曲が使われた動画の再生数に応じて上限なく分配されるようになった。

楽曲利用の正確な把握が可能になったのは、YouTubeが持つ「データエクスチェンジ」というシステムによる。登録された作品情報を元にメロディーなどを分析して、動画の中で使われた楽曲を特定できるようになった。

著作権管理の透明度を100%に限りなく近づけるための大きな一歩」とN社の荒川祐二代表は話す。YouTubeの音楽部門総責任者リオ・コーエン氏は「アーティスト、音楽出版社、ソングライターが公平に保証されるよう力を注いでいきます」とのコメントを発表した。

Youtubeから再生数に応じ著作権料 楽曲管理会社/朝日新聞

f:id:manshinetarou:20170719142226p:plainJASRACに次ぐ、日本国内第二位の音楽著作権管理会社の話ですね。

f:id:manshinetarou:20161016135112p:plainその通りなのじゃ!

f:id:manshinetarou:20170719142226p:plain第一位であるJASRAC音楽教室を相手に著作権料の取り立て訴訟を行おうとしている時期に、JASRACとは真逆を良く、真に権利者に権料が還元される仕組みを作ろうとしている姿勢が伝わって来ますね。

f:id:manshinetarou:20161016135112p:plainそうじゃのう?この9月にはJASRAC音楽教室著作権料訴訟の初公判が行われるという時にこの違いは大きいのじゃ!

また、JASRAC音楽教室著作権料訴訟については古い記事じゃがこういう記事も有ってのう?

宇多田ヒカルさん「無料で使ってほしい」 「JASRACが音楽教室から著作権料」に意見続々

2017年02月06日 11時16分

日本音楽著作権協会JASRAC)が、楽器の演奏を教える大手音楽教室から著作権料を徴収する方向で検討していることについて、著作権料の分配を受ける作詞・作曲者側からも反対意見が出ている。作詞家の及川眠子(ねこ)さんが3日、Twitterに反対意見を投稿したほか、宇多田ヒカルさんも4日、Twitterで反対を述べた。

JASRAC正会員の一人として。私は「営利を目的とする場」での演奏であるなら、当然楽曲の著作権使用料は払うべきものだと思う。だけど、音楽教室で「練習のために」弾いたり歌ったりするものから、使用料をもらいたいと思ったことなどない。https://t.co/ituJlOo0yY

及川眠子 (@oikawaneko) 2017年2月3日 0:24

もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな。https://t.co/34ocEwCj8K

宇多田ヒカル (@utadahikaru) 2017年2月4日 17:25

私も、おそらく宇多田ヒカルさんも、JASRACの今までの仕事をきちんと評価した上で、今回の件に反対してるのです。じゃあやめるよと契約を切るのは簡単。でもそういうことをしたら、私たちは単に無責任で安易な人間に成り下がる。音楽の未来を信じてるから、いまこうして声を上げています。 https://t.co/tFhiZgEYjD

及川眠子 (@oikawaneko) 2017年2月5日 0:22

JASRAC外部理事で東京大学教授の玉井克哉さんはTwitterで、JASRACの立場について説明した上で、「創作者にはさまざまな考えがあり、宇多田さんのような考え方は少数」と述べている。

JASRACは、「ヤマハ音楽教室」など楽器の演奏を教える大手の教室について「公衆に演奏の場を提供している」と判断し、著作権料を徴収する方針だが、音楽教室側は反発。ヤマハ音楽教室を運営するヤマハ音楽振興会河合楽器製作所などは3日、JASRACの方針に反対する「音楽教育を守る会」を結成した。

作詞・作曲家側からも反対の意見が出ている。「残酷な天使のテーゼ」などの作詞で知られ、JASRAC正会員でもある及川眠子さんは、「音楽教室で『練習のために』弾いたり歌ったりするものから、使用料をもらいたいと思ったことなどない」などとツイート。宇多田ヒカルさんは4日「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな」と投稿した。

今回、JASRACが徴収対象として検討しているのは、営利で運営されている音楽教室での楽曲演奏だ。学校の授業での演奏については、もともと著作権料は発生せず、宇多田さんは勘違いしている可能性がある。宇多田さんの楽曲では、「花束を君に」などの管理がJASRACに委託されている。

著作権に詳しい弁護士の福井健策さんは、JASRAC管理楽曲について「原則として本人の意向に関わらずJASRACが権利行使を行う」と指摘。ただ、「著作者サイドからそうした声が大きくなればJASRACの方針にも影響大だろう」とも。JASRACが権利者に代わって著作権使用料を徴収している以上、運用には権利者の意見が反映されることになる。

宇多田さんの件で取材の電話。答えたこと:彼女の多くの曲の演奏権はJASRAC管理であり、原則として本人の意向に関わらずJASRACが権利行使を行う。ただ、無論著作者サイドからそうした声が大きくなれば、JASRACの方針にも影響大だろう。事態は重要な局面を迎えつつあるように見える。

— 福井健策 FUKUI, Kensaku (@fukuikensaku) 2017年2月4日 23:21

JASRAC理事で弁護士の玉井克哉さんは、TwitterJASRACの立場や考え方を説明している。音楽教室からの著作権料徴収の交渉は「十年以上前」から行ってきており、「(音楽教室の)『指導そのもの』が、他人の創作を用いた営利事業。得た利益のごくごく一部を創作者に払うのは、当然ではないか」と指摘。宇多田さんなどアーティスト側から「徴収は不要」という声が出ていることについては、「創作者にはさまざまな考えがあり、宇多田さんのような考え方は少数」と述べている。

十年以上交渉を続けているのですよ。大資本を相手に泣き寝入りをするかどうかの、瀬戸際であるわけです。 https://t.co/G3hjaCSYYG

— 玉井克哉(Katsuya TAMAI) (@tamai1961) 2017年2月2日 14:42

はい。そして、その「指導そのもの」が、他人の創作を用いた営利事業なのです。得た利益のごくごく一部を創作者に払うのは、当然ではないですか。 https://t.co/qlF4zSa5Ap

— 玉井克哉(Katsuya TAMAI) (@tamai1961) 2017年2月2日 14:44

世の中はそんなにシンプルではありません。創作者(権利者)にはさまざまな方があり、宇多田さんのような考えは少数です。かつ、(確認していませんが)宇多田さんはJASRACの会員ではなく、米国の権利者団体に所属しており、そちらとの契約でJASRACが権利処理いる、との話もあります。 https://t.co/DwIfScxY5U

— 玉井克哉(Katsuya TAMAI) (@tamai1961) 2017年2月6日 0:10

宇多田ヒカルさん「無料で使ってほしい」 「JASRACが音楽教室から著作権料」に意見続々/IT media NEWS

f:id:manshinetarou:20170719142226p:plain所属している権利者からも反対意見が出ている行動をしているのでは、JASRACに大義名分は無い気がしますね。

f:id:manshinetarou:20161016135112p:plainそうじゃのう?これを機に、JASRACから権利者が離脱する等の事になれば面白いのじゃ!

じゃが、離脱した権利者が第二位の音楽著作権管理会社であるNexToneに移ってNexToneが最大手になってしまえばNexToneもJASRACの様になってしまう気がするのじゃ! 

f:id:manshinetarou:20170719142226p:plain大手になってしまえば増長する可能性が有る、なかなか難しい問題ですね。

f:id:manshinetarou:20161016135112p:plainそうじゃのう?

 

マン光帝国皇帝 マン光太郎f:id:manshinetarou:20161016135112p:plain/マン光帝国文部科学大臣 イグロ・オニロf:id:manshinetarou:20170719142226p:plain